セキュリティーの施工がメインの作業ですが、関連した不具合にも対応しています。いわゆる ついで作業。
今回は、33GTRでは良く見る不具合、運転席のガラスが左右に結構ふれて、がたがたする事例。

IMG_5472

フロント側のガラスのレールのこの字型のゴムが劣化により切れて、ドア内に脱落するとこうなります。
IMG_5473

直すには地味に大変な作業。もっとも、ガラスにも要注意!です。

IMG_5471

内貼りの着脱から始まり、ドアミラー、ガラス、この字型のチャンネルまで。
ドアの中から部品を外すのが知恵の輪状態でした(笑)
交換後はぎゅ!とガラスがしまり、走行時の風切り音も無くなりました。
こんな作業もWORXではやっています。
メーカー欠品パーツも少しでは有りますが備蓄していますので、そちらで対応もしています。