BCNR33

待望の33GTR専用 スピードメーターLED基盤完成!

今日は久しぶりの豪雨ですね!

明日はお台場にて、Street Car Nationals 開催ですね!
もちろんエントリーしております。
そこで、業務連絡ですが、大変勝手では御座いますが、明日5/14はお休みさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

DSC05923

さて、GTRの純正メーターやニスモメーターは現代の車と比べ、照明が非常に暗く、今一でした。
既に34GTRではLED基盤を取り付ける事で各段位明るくなるKITをリリースしています。
進化版は、常時点灯タイプもご用意しています。


最近は33GTRオーナ様から同じ物のご依頼が多く、お待ち頂いていましたが、よいよリリース開始です!
画像は常時点灯タイプ(ポジションONで減光機能付き)

こちらの商品はよくある、従来の球のみの交換では御座いません!

同時に、3連メーター用も用意が御座いますので、是非一緒にご依頼ください。

その他のLED基板加工商品も他数御座いますので、お問い合わせください。

ジャンプスタート

乗りたい時にバッテリーが上がっていた経験、有りますよね!
普通は1~2週間位乗らなくても上がる事は中々ないのですが、33GTRや34GTRでは良くあるんです。
そんな時はブースターコードやブースターバッテリーを繋いで掛けますよね。
そもそも2車種ともバッテリーは小さくトランク内、ボンネット内にジャンプスタートターミナルが有るので、普通はそこに接続なんです。
しかし、立体駐車場に停めているこの方は、駐車場の関係でボンネットにアクセス出来ないそうです。
なので、トランクのバッテリーに繋ぐ訳ですが、トランクの内装が邪魔で大変! 
無理に引っ張れば内装が割れてしまいます。
IMG_4450

そこで、今回の34GTRにはターミナルをトランク内に増設しました。
普段は絶縁カバーで安心。
IMG_4463

これで簡単にブースターケーブルを繋げますね!
IMG_4462

因みに私のChevelle Wagonにも付けております。

こんなワンオフ作業もご提案させて頂いております。
是非ご相談ください。


 

今が旬なETC2.0(DSRC)

最近のナビは機能も充実、ETC2.0と連動させれば「一粒で二度おいしい!」こんなキャッチ、昔有りましたね。
去年の暮れから今年にかけては、ナビの交換依頼が非常に多く、必ずETC2.0も同時に施工が定番化しています。
ETC2.0(DSRC)は有料道路料金の割引特典が1つと、渋滞情報がより細かく取得出来て、ルート検索に役立ちます。

これを付けない手はないですよね!

IMG_4184


現行車は 2Din 規格のナビが普通に入りますが、二昔前のGTRは1Dinしか入りません。。。
取り付けられなくはないですが、純正風には程遠く、他店で出しているエアコン移設KITも出っ張ってしまい、今一つ。

IMG_4178

そこで、この様な加工をして見た目と使いやすさを両立させています。

33GTRは前期と後期でパネルの模様が違います。

今回は後期型でしたので、極力純正風の仕上げを心がけてペイントしています。

IMG_4176

ナビの多機能化に伴い、ナビ本体とは別にユニットも増え、きっちり付けるには手間が掛かります。
32同様、助手席足元上部にステーパネルを作成しました。
33は手間が32の倍は掛かります。。。次回は作りたくない。。。気持ち。

IMG_4053

今回も他店で施工したセキュリティーのメンテナンスも含め、レーダー施工直し、ブーストメーター配線直し、バックカメラ施工、LEDテールライトのバックフォグ点灯配線施工などやらせて頂きました。

IMG_4190

とにかく見えない部分は勿論ですが、取り付けクオリティーを重視されるオーナー様には絶対喜んで頂けると思います。
是非ご依頼ください。
 
www.worxautoalarm.co.jp
 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ